Off The Grid

オフグリッド

木材の炭素貯蔵効果

saiブランドが低炭素社会の実現へ向け、最も力を入れてきたのが木材の利用です。

木材は、半永久的に利用可能な太陽からの光エネルギーを利用し、大気中の二酸化炭素を吸収分解し、体内に炭素(C)を固定化し、酸素(O2)を放出するという非常に重要な役割を持ち、特に樹木は幹や枝に大量の炭素を蓄えています。

その炭素貯蔵量は一般的な針葉樹(杉)でさえ、体積の50%と言われ、構造物や住宅、家具等に木材を利用することは、炭素を長期間にわたって貯蔵することにつながります(炭素貯蔵効果)。

ただし、木材を燃やした場合には、酸素と結びつきCO2となり大気に放出されてしまいます。

私たちが輸入デッキ材の再生利用(リバースウッド)を進めているのは、輸出国の炭素を固定化した木材を国内で燃やし、再びCO2を排出させてはならないという使命感からです。

SDGsの定める17の持続可能な開発目標のうち、誰しも関わり、実行できる項目があると思います。

それぞれの専門分野で、工夫し、英知を絞り、実行することで、低炭素社会、持続可能な世界の実現は可能だと考えています。

saiブランドはオフグリッド事業において、積極的に輸入木材の再利用、国産木材の利用を推進して行くことを宣言します。

すみだリバーウォーク(東京都墨田区)
岡本わきみず公園(東京都世田谷区)
南三陸町震災復興祈念公園「中橋」(宮城県南)

sai-BRANDお問い合わせ会社概要メッセージ受賞歴・特許取得CSR採用情報サイトマップご利用案内

資源でありつづけるモノづくり sai-BRAND

株式会社 saiブランド

Head:〒901-0351 沖縄県糸満市名城565 saiブランドスクエア沖縄 TEL 098-987-4960 FAX 098-987-4961

Branch:sai関東 / sai中部 / sai近畿 / sai中国 / sai山陰 / sai九州 / sai沖縄

Copyright © 2021 sai-BRAND All Rights Reserved.