Products/Technology

水辺、海辺に使用される建材や製品は、過酷な自然環境に耐えうるものでなければなりません。
また、使用する材料自体も高い耐久性やリサイクルなどにより資源であり続けたい。
そんなモノづくりを続けることで、sai-BRANDの製品は水辺以外にも幅広くご採用いただいています。

Focus

saiブランドでは素材や製品の開発だけでなく、日ごとに工夫や挑戦を続けています。
自社で設計し、現場で施工をすることで得られた経験を、製品やサービスにフィードバックしています。

News

最新情報をブログ[ sai-BRAND News ]でご紹介します

2018/06/20

杭式基礎の実験住宅

CLT(Cross-Laminated-Timber)によるユニットハウスに、杭式基礎(螺杭)を採用した住宅の実験棟です

2018/06/18

横浜汽車道ボードウォーク補修工事完了

横浜汽車道ボードウォークの補修工事が完了しました。 先人が遺してくれた「良いモノ」は使いきる。 カーボンニュートラル(CN)がこれからの時代のテーマです。 saiブランド、サイアスはCN技術へ積極的に取り組みます。

2018/06/08

横浜汽車道ボードウォーク補修工事

横浜を代表する景色の中で、水際のボードウォークを改修しています。 劣化した根太をZAM鋼管に更新し、デッキ材の痛みのひどい箇所を交換する工事です。 水際のデッキの改修はsaiブランドの一丁目一番地。 横浜を象徴する景色としてボードウォークは欠かせません。 これからさらに30年続く景色をつくっていきます。

2018/05/31

気仙沼内湾地区階段デッキ

気仙沼内湾地区で階段デッキを施工してきました。 これだけの海際なので、構造材にマリンランバーが採用されています。 復興を迎える気仙沼市民の皆さんの生活を支える縁の下の力持ちとなって、長く長く、町の発展に寄与してくれればと願います。

2018/05/08

10,000メートルプロムナードの改修工事

横須賀市観音崎のボードウォーク改修工事がスタートしました。 昨年の台風21号により被災をしたボードウォークを一度撤去し下地を更新する工事です。 完工後「何が変わったの?」と気づかれないほど自然な姿に復旧します。

2018/04/10

街なかの小さなランドマーク

早咲きの桜とスカイツリーの下で、緑化ルーバーの工事をおこないました

sai-BRANDお問い合わせ会社概要メッセージ受賞歴・特許取得CSR採用情報サイトマップご利用案内

資源でありつづけるモノづくり sai-BRAND

株式会社 saiブランド

Head:〒130-0021 東京都墨田区緑4-28-6 saiブランドスクエア TEL 03-6666-9965 FAX 03-6666-9964

Branch:sai横浜 / sai中部 / sai近畿 / sai中国 / sai山陰 / sai九州 / sai沖縄

Copyright © 2018 sai-BRAND All Rights Reserved.